デカ顔4

きれいなすっぴん肌をつくろう。毛穴開きを改善する方法

30代はお肌の調子が悪くなりはじめるころ。放置していると、40代50代になった時、どんなに頑張ってもなかなか戻らなくなってしまいます。そうならないために、今できるだけお肌を保つことが大切です。毛穴の開きが気になるあなたにおすすめのケア方法を紹介します。

クレンジング・洗顔の見直し

20代のころと同じケアをしていませんか?クレンジングや洗顔はきれいなお肌をキープするためには基本中の基本!きれいを維持するためには年齢に合わせたケアをすることがなにより重要になってきます。

というわけで、まずはいつも使っているクレンジング剤や洗顔料をチェック!簡単に濃いメイクが落とせるもの、軽くふくだけで汚れが落とせるもの、ぬれた手でも大丈夫なものを使っている人は要注意!強いクレンジング剤は、お肌を保湿する成分をも簡単に洗い流してしまいます!それによって肌が乾燥してしまい、毛穴開きにつながっていることが考えられます。

保湿ケアの化粧水選び

次はお肌を保湿してくれる化粧水について。

肌の保湿の80%は細胞間脂質がになっています。なので、お肌の乾燥に悩んでいる方は、細胞間脂質の主成分であるセラミドが配合されているものを選ぶようにしましょう。

しかし、ただ「セラミド配合」と書かれているものを選ぶのではなく、実際の細胞間脂質のセラミドにちかいものを選びましょう。天然セラミドまたはヒト型セラミドが含まれているものがおすすめです。

マッサージも効果的!

顔をマッサージすることでリンパ液や血液の通りがよくなり、たるみを改善することができます。たるみの改善により、毛穴開きも改善されることが考えられます。

マッサージは中指と薬指の腹で顔の下から上へ、中から外へ、円を描くようにしながらマッサージしましょう。首もリンパ腺に沿って同様にマッサージすると◎

毛穴開きが特に気になりやすい鼻は、小鼻を1本指で上下に5回ほど刺激してから、鼻の頭をつまむようにしてほぐしましょう。いつも使わない顔周りの筋肉を刺激し、ほぐしておくことは毛穴開きの改善や予防にもつながります!

マッサージをする前に蒸しタオルで肌を柔らかくしてから行うとより効果的ですよ♪

週一の角質ケア

30代で肌のターンオーバーが悪くなって来たら、おすすめなのが角質ケア。週に一回程度でいいので、肌に負担の少ない酵素洗顔や洗い流すタイプのピーリング化粧品を取り入れるようにしましょう。ちゃんと角質ケアを行わないと保湿成分も浸透しにくくなってしまい、毎日のケアの効果も半減してしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

ナチュラルメイクに切り替える30代だからこそすっぴん肌を綺麗に整えておくことが重要になってきます!きれいなすっぴん肌は美人になるための大きな1歩!みなさんもぜひ実践してみてくださいね!