books-thumb-400x266-1denctm

【初心者向け】絶対に読んでおきたい。おすすめの自己啓発本4選

30代になると、今後についていろいろと考える時間も増えますよね。自分を深めるためにも自己啓発本を読んでみたいけど、たくさんあってどれを選べばよいかわからない。そんなあなたに、人生をより豊かにしてくれる自己啓発の入門書を紹介します。入門書なので気軽に読み始めることができますよ♪

嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え

岸見 一郎,古賀 史健著 ダイヤモンド社 2013-12-13

ユング・フロイトと並んで有名な哲学者アドラーは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と言い、アドラー心理学を創始しました。この本では、哲学者と青年の対話形式で、アドラーの教えを易しくわかりやすく知ることができます。

2017年1月12日から始まる新ドラマ「嫌われる勇気」もアドラー心理学をテーマにしたものだそう。この機会にぜひドラマだけでなく、本も読んでみてはいかがですか?

夢をかなえるゾウ

水野敬也著 飛鳥新社 2011-05-20

ごく平凡なサラリーマンが「人生を変えたい」と叫ぶと次の朝枕元に謎の神様ガネーシャが。ガネーシャがだす課題は「靴を磨く」「コンビニのお釣りを募金する」など地味なものばかり。夢をかなえるため、主人公がガネーシャの課題をクリアすべく頑張るお話です。課題は実は実際の成功者が行っていたものが多く、1つずつでも実践することで前に進める人も多いのでは。

「笑って、泣けて、ためになる」と評判のファンタジー小説のような自己啓発書です。入門書にはまさにぴったり。第2弾『夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神』第3弾『夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え』も発売されているので、要チェックです。

仕事は楽しいかね?

デイル ドーテン著 きこ書房 2001-12

空港で足止めをくらい、老人にあたってしまった主人公。しかしその老人は実は大企業からも引っ張りだこな有名な実業家で、彼の言葉によって主人公のビジネスに対する価値観が変わっていきます。彼のアドバイスで、主人公が新しい道を見つけていく物語です。

自己啓発本の中には目標や計画を重要視するものも多いですが、この本はそれを否定し、大成功の秘訣は偶然の産物であり、目標や計画を遂行していくことだけが成功の秘訣ではないと述べています。明日は今日とは違う自分になる、そして様々なことにチャレンジして成功する確率をあげるのが成功の秘訣であると論じ、シンプルながらためになると評判の一冊です。

ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく

堀江 貴文著 ダイヤモンド社 2013-11-01

約7年間刑務所で服役し、出所したホリエモンはすべてを失ってしまいました。しかしゼロに戻ったことを大して気にすることもなく、ホリエモンはまた働き始めます。”努力の天才”ホリエモンの生き方や思想を知ることができる一冊です。

あなたにとって働く意味とはなんなのでしょうか。多くの人はお金が必要だからなど経済的な理由で思考を止めてしまいがちです。そしてそんな世の中だからこそ、働くことはある意味我慢することととらえられてしまいがちです。しかし、そんな私たちの働くことの概念を一新してくれるのがこの1冊です。今の仕事や働き方に疑問を持っている、そんな時こそ、働く意味、そして生きる意味を考えさせられるこの本をぜひ読んでみてはいかがですか?