66-unluden-quotkadina-siddete-hayirquot-pozu-175044

あなたの言葉遣いは大丈夫?30代から気をつけるべき5つのポイント

あなたの言葉遣いは大丈夫ですか?ちゃんと年齢にあった言葉遣いできていますか?男性にモテない女性の特徴の第一位は「言葉遣いが汚い」と言われています。もちろん同性からもマイナスなイメージをもたれやすくなってしまいます。少しでも心当たりがある方はこの機会にぜひ意識してみましょう!

今ドキ言葉を使わない

「マジ」「ヤバい」「超」「ウケる」「ウザい」「キモい」など省略言葉使っていませんか?こうした言葉は、仲の良い友達の間だけならまだしも、あまり知らない人や目上の人に対して使ってしまうと知識や教養のない女性だと思われてしまいます。また仲の良い友達の間でもあまりに使いすぎるとあきれられてしまうかも。

「マジ」「超」は「本当に」、「ウケる」は「面白いね」などと言い換えて使えるといいですね!口癖になっている人は普段から意識しないとなかなか変えられないので、ぜひこの機会に意識してみてくださいね!

「難しいことは分からないんで~」

これは特に会社で働くときに言えることですが、やはり知識や教養がそろっている人の方が信頼も大きいですよね。知らないことは仕方ないですが、そこで”難しいからわからない”とただ流すのはやめましょう。勉強するつもりもないのかと思われてしまいますよ。

代わりに、「知らないので教えてください」と言うようにすると◎。知る努力をしていることがアピールできますし、知らないということは同じであっても、「難しいことは分からないんで~」というよりは圧倒的に好感度があがりますよ。

「あたし」と「わたし」

何気ない部分ですが、よく使う一人称はやっぱり大事。「あたし」と「わたし」、あなたはどちらを使っていますか?

「あたし」を使っている人は要注意。親しい間柄なら愛嬌ですが、公の場や目上の人に対して使ってしまうと、幼稚に見えがちであったり、頭悪そうな印象をもたれてしまうことも考えられます。常日頃から「わたし」を使うように心がけましょう。

すぐに他人を否定する

すぐに人のことを「むかつく」「うざい」などと否定するのはやめるようにしましょう。愚痴を言いたいときもあるのはもちろんわかりますが、しょっちゅう言っているとどうしても性格悪い人と思われてしまいます。

どうしても言いたいときは相手と言葉を選んで、言うようにしましょう。感情的になったりするのは×。相手が同調すればするほどマイナスな方向に流れて行ってしまいますし、同調しなければイライラが増していってしまうことも。

アドバイスを求める形など最終的にポジティブな形に持っていけるようにするといいですよ!

上から目線の言葉

上から目線の人がいたら、あなただって嫌ですよね。でも実はあなたも気づかないうちにそう思われているかも。他人をバカにするような発言はもちろん、命令口調になってしまったり、偉そうに聞こえる発言に気をつけましょう。

たとえば、

  • 何か頼みたいときは命令口調ではなく、「~してくれない?」とお願い口調にする
  • アドバイスをするときは「私は~こう思うけど、どうかな?」と相手の意見をきくようにする

というように、”?”をうまく使えると良さそうですね。